INTERVIEW

インタビュー

2020/12/21 安澤徹 CTO

  • 現在の仕事内容・自分の役割は何ですか?
    複数の役割を担っていますが、主なものは3つです。
    まず、事業方針を計画して推進しています。
    具体的には、各現場の体制の検討や、現場の開拓についての様々な動きを話し合い、方針を決定していきます。
    部門長としてのメンバー管理も行います。
    グループリーダーと連携を取りながら、適材適所に配置できるように気を配っています。
    自分自身が担当するプロジェクトのプロジェクトマネージャーとして、メンバーのタスク管理、要件定義、設計なども行います。
    仕事をする上では、お客様、メンバー、協力会社含めて、何を望まれているか、何を求められているのかを常に考えています。
    そして、自分が携わるものには、大変でも、最後まで責任をもってやりきります!
  • 三クリのエンジニアだからこそできるチャレンジとは?
    三クリは、スマートフォンアプリの開発が強みですので、今まで開発の経験はあるがアプリ開発の経験はない、またはまったくの未経験である分野でも、チャレンジすることができます。
    他にも、業務システム開発やWebシステムなども強みの一つなので、アプリ開発だけでなく様々な経験を積むことができるでしょう。
    また、新しいフロントエンド技術も採用しており、SPAもチャレンジしています。
    まだ事業化とはなっていませんが、 VR、AI も有志を募って準備調査しています。
    ビジネスソリューション事業部のカラーをおしえてください
    プロジェクトは2人~10人のチームで構成されています。
    プロジェクトでは各リーダーが月1の1on1で、目標の進捗確認やその月を振り返り共有をしていきます。
    困ったことがあれば気軽に相談できますし、目標に向かってのアドバイスももらえます。
    社内は、アットホームで和気藹々とした雰囲気があります。
    メンバーは落ち着いた人が多く、分類的には農耕民族型です。
    我慢強く誠実で、着実に仕事をしていくスタイルです。
    すぐに成果を求めるというよりは、まいた種が芽を出して実るまで継続し続けることができる人達です。
  • どんな人と一緒に仕事がしたいですか?
    基本的なことですが、最後まで投げ出さない、責任感をもって仕事をできる方と仕事がしたいです。
    お客様に対して、品質、納期、など最後まで責任をもち、かつエンジニアとして向上心や積極性を持って取り組める人です。
    自分がそのような意識で仕事に取り組んでいますので、一緒に最後までやりきっていきたいです。

    ビジネスソリューション事業部としての目標を教えてください
    もともと業務システム開発から始まった部署でしたが、当時保有していた技術を活かし、スマートフォンアプリ開発に着手して、今ではスマートフォンアプリ開発が半数以上を占めています。
    しかし、この流れの速いIT業界の中では、スマートフォンアプリ開発の技術もいずれ過去のものになってしまいます。
    そのため、廃れないしっかりした基礎技術と、技術力を発揮する土台となる人間力の充実を図りながら、常に新しい技術・環境についてもチャレンジし続けていくことを大切にしたいと考えています。
    また、今後は業務知識、ウェブやスマートフォンアプリの技術もいかしつつ、自社のサービスを提供していけるようにしていきたいです。
    上記の実現のために、多様な人材を受け入れるための器としての制度の充実、在籍しているメンバーの育成に注力しています。