聴覚障害者向け歩車間アプリ
~歩行者と車両との距離と方角を計算してアラームを慣らすアプリ~

国の研究機関のプロジェクトで、視覚障害者が道路を歩行する際に、車が近寄ってきたら位置と方角を計算してアラームを発し、車が通りすぎたら「車が通り過ぎました」とアナウンスを流すアプリです。完成後に弊社も立ち会って、車の速度や距離を変更しながら、アプリの反応時間を調査しました。まだまだ実用化には遠いですが、近未来での成功のために提携させていただいた事例です。

開発環境・作業範囲

研究機関が開発した距離計算用のライブラリを活用して、スマートフォンの方角センサーとGPS機能を用いて、Android環境で開発(Java)。提供いただいたライブラリを一部改修(C言語)

聴覚障害者向け歩車間アプリ
< 実績一覧に戻る